スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

to just reach has meaning and worth

今更の更新だけど、
9月30日!はぴば!!やっと21才になったなぁ(・ω・)
なんだか早かったなぁ、自分が生まれて21年も経ったんだねぇ
早いなぁと思って後ろを振り向けば、
そこには21年分の道のりがある
本当に色々詰まった21年間。
社会人になって初めてのバースディ。
今まで迎えた20回の誕生日、
ある時には、
友達と誕生日会なんてやって、プレゼントに可愛い筆記用具
ある時には、
学校行ってみるとサプライズで手作りのケーキ
ある時には、
家でのんびり、いつもより少し豪華な食事
ある時には、
家族から離れて友達とオール、、、、

私は大人になれたんだろうか?
学生のころは、
親を疎ましく思ったり、反抗的になったり、
自分ひとりで生きてきたみたぃな偉そうな事言ったり、
嫌なことがあると理由を家族に押し付けたり。
それでも本当は、いっつも感謝してるのに、
恥ずかしくて言えない。
面と向かって、家族に「ありがとう」なんて
恥ずかしくて言えない。
面と向かって、家族に「ごめんね」なんて
素直になれなくて言えない。
だからいつも喧嘩をした後は
自分の部屋で一人、
「ごめんね」「ありがとう」って心で呟く。
私がこうして今を生きてるんは、家族のお陰。
今まではモヤモヤした心がそれを隠してて、気づけなかった。
でも今、親元を離れて一人でいると色々思うんだ。

「あの時もっと、優しく接すればよかった」
「もっと家事手伝ってあげればよかった」
「お父さん、お母さんの愚痴聞いてあげればよかった」
「ありがとう」
「ごめんなさい」

離れてみないと、見えてこないものがあるってすごく実感した。
だから、これからはもっともっと、家族との会話大切にしたい。
もっともっと、言葉を交わして笑いたい。
こんな不器用な次女だけど、本当に家族を大切に思ってるよ。
お父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、愛犬のロッキー、
みんな大好き。

社会人になった今、21回目の誕生日を迎えた今、
やっと言えるようになった。

お父さん、お母さん、産んでくれてありがとう。




21回目の誕生日は彼と過ごした。
あまり長い時間一緒にいることは出来なかったけど、
それでも本当に幸せをいっぱいかみ締めることの出来た一日だった。

きっと、こんなに幸せ感じれるんは
私を想ってくれる気持ちが私にまっすぐ伝わってくるから。
言葉で直接優しさ表さなくても、
行動や、表情で伝わってくるから、とても温かい。
本当に温かいから、少しでも距離を縮めたいと想うんだろうな。
だからきっと、腕を掴んでいたくなるのかな。
ずっと触れていたいと思える人が存在するなんて不思議だなって思う。

人は周囲の人にこれ以上侵入されたくないっていうエリアを持ってる。
いくら仲のいい親友だって、べったりくっついたりしない。
そんな潔癖なところがあるくせに、
その人だけに対してはそんなエリアがなくなる。
むしろ近づこうとする。変なの。
でも、そんな風に思わせてくれる人は彼一人。
とても不思議な存在。
それと同時にとても大切な存在。

何回も何回も喧嘩して、いがみ合う。
本当に腹が立つ!!!!!
でも、やっぱり隣にいたくなる。
なんでここまで心が浸食されちゃってるんだろ。
今までにない感情がいっぱい出てきた。
彼の喜ぶ顔が見たいから、いろんなこと頑張れる。
ただ、笑顔が見たいから。
それだけで十分な理由。

これからずっと、一緒におる。
これからもきっと、めっちゃ喧嘩する。
本当に、本当に腹が立つ時もきっとある。
もー知らん!!!勝手にしろーーー!!!なんて思う時もきっとある。
でもやっぱ、隣におりたくなるんだろうね。
不思議で、大切で、世界でたった一人の人。


自分の誕生日を祝ってくれる人がいるなんて、なんて幸せなことなんだろう。
こんな大きな幸せ、ありがとう。
スポンサーサイト

テーマ:まいらいふ(*´ー`) - ジャンル:日記

  1. 2007/10/02(火) 00:02:47|
  2. りあーる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

withyou

何が一番大切なのか。

大切なものは大切。
大切なものいっぱいあったって、いい。
自分が守りたいって思えるものはたくさんあってもいいじゃない。
天秤にかけることなんか知らない。
好きなものは好き。

きっと今まではそれで許されてきた。
でもやっぱり、それじゃ通れない道があるんだよね

何を一番に想い、何を犠牲にして生けるのか。
絶対に壊せないものは何なのか。
できるだけ、多く「大切」を守っていきたいだなんて
そんなこと言ってたら、
あっという間に転覆
全部びしょぬれになって台無し。
欲張れば、その分重くなって、
一番大切なものどころか、自分まで沈んでく。

心ん中では本当は分かってる。
何が一番大切なのか。自分に必要なのか。
分かってるけど、
そんな簡単に手放せない「大切」も
たくさん持っているわけで。
答えは出てるけど、苦しくて、
でもその答えは幸せにつながってて・・・
もやもやが私の心を濁らせた。

でも、私の為に流してくれた彼の涙見たとき、
もやもやがすーっと無くなった。
それと同時に私も涙を流して、
思わず隣に寄り添って、
「あぁ、やっぱりここなんだ」
一番守りたいのは、ここなんだと。

一番大切なものを持っていこうと思えば
ほかの「大切」を幾つか捨てていかなきゃ。
やっぱり少し心に穴があいたようにはなるんだろうけど、
でも、一番大切なものを守って歩いていく日々は
絶対に穴があかないような心を繕ってくれる。
だから、一緒に歩いていこう。
ありがとう。
  1. 2007/09/09(日) 23:31:31|
  2. りあーる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。